運営者の紹介

濱田篤郎 東京医科大学病院 渡航者医療センター 特任教授

濱田篤郎(はまだ あつお)
東京医科大学病院 渡航者医療センター 特任教授

1981年に東京慈恵会医科大学卒業後、米国Case Western Reserve大学に留学し感染症、渡航医学を修得する。帰国後に東京慈恵会医科大学・熱帯医学教室講師を経て、2004年より海外勤務健康管理センターの所長代理。2010年7月より東京医科大学病院 渡航者医療センター教授に着任し、海外勤務者や海外旅行者の診療にあたるとともに、デング熱や新型コロナウイルス感染症など海外の感染症対策事業を運営してきた。2021年4月から特任教授。
著書に「旅と病の三千年史」(文春新書)、「疫病は警告する」(洋泉社新書)、「世界一病気に狙われている日本人」(講談社α新書)、「歴史を変えた旅と病」(講談社α文庫)、「新疫病流行記」(バジリコ)、「海外健康生活Q&A」(経団連出版)、「パンデミックを生き抜く」(朝日新書)など。

栗田直(くりた なお)
東京医科大学病院 渡航者医療センター 臨床助教

岩手医科大学医学部卒業。東京医科大学八王子医療センターにて初期臨床研修後、東京医科大学病院呼吸器内科に入局。2010年9月の渡航者医療センター開設を機に渡航医療に出会い、門を叩く。2011年より同センター渡航外来、大学院にて渡航医学を学びながら、東京警察病院救急科常勤、厚生労働省東京検疫所・東京空港検疫所支所常勤、2018年1月より渡航者医療センター常勤。
分野:渡航医学、高所医学、社会医学