性行為・医療機関

HIV



under constraction


B型肝炎

B型肝炎ウイルスによる感染症です。多くの場合は一過性の感染ですが、新生児が感染すると持続感染になることがあります。アジアやアフリカなどでは持続感染者が多く、人口の約10%以上に及ぶといわれています。B型肝炎ウイルスは、持続感染者の血液や体液に存在します。このため、流行地域では輸血などの医療行為や性行為で感染が拡大します。

症状

発熱、全身倦怠感、嘔吐、黄疸などの症状がみられます。劇症肝炎に約 2%の割合で移行します。時に慢性肝炎になるケースもあります。

予防

流行国に滞在する場合は、出国前に B型肝炎ワクチンの接種をお奨めします。接種方法は 1ヶ月間隔で 2回接種し、6ヶ月 ~ 1年後に 3回目の接種を行います。

梅毒



under constraction