海外感染症流行情報

海外医療通信(2021年11月号) 東京医科大学病院 渡航者医療センター

海外感染症流行情報 2021年11月

(1)全世界:新型コロナウイルスの流行状況

新型コロナウイルスの感染者数は11月になりヨーロッパなどで増加傾向にあります(WHO Corona virus disease 2021-11-23)。とくにドイツや英国で感染者数が多く、米国でも北部の州などで感染者が増加しています。アジアでは韓国で流行の再燃がみられています。こうした北半球の温帯で起きている流行は、気温の低下やワクチン効果の減弱が原因と考えられています。多くの国でワクチンの追加接種が開始されているとともに、社会生活の制限を再開している国もあります。なお、現在、世界的に流行している新型コロナウイルスは今年4月にインドから拡大したデルタ株で、これに代わる新たな変異株は今のところ発生していません。
一方、日本では11月も新型コロナの感染者数が減少を続けており、社会生活の制限緩和も進んでいます。水際対策も11月8日から緩和が始まり、外国人の入国が許可されるようになりました。また、ワクチン接種者の入国後健康監視期間が最短3日に短縮されていますが、手続きが大変に複雑で、まだ利用者は少ないようです。水際対策強化に係る新たな措置|内閣官房新型コロナウイルス等感染症対策推進室 (corona.go.jp)

(2)全世界:季節性インフルエンザの流行

インフルエンザの流行レベルは全世界的に低くなっていますが、昨シーズンに比べると高い傾向にあります(WHO Influenza 2021-11-22)。米国ではニューメキシコ州などでA(H3N2)型の患者が増えています(CDC Flu view 2021-11-19)。ヨーロッパでもA(H3N2)型の患者が散発しています(ECDC 2021-11-16)。南アフリカでは8月末からB型とA(H1N1)型の流行が発生しており、11月に入りさらに患者数が増加しています(ECDC 2021-11-20)。

(3)アジア:WHOが中国の鳥インフルエンザの監視強化

WHOは中国で増加傾向にあるH5N6型の鳥インフルエンザについて、監視強化の必要があるとのコメントを発表しました(WHO 2021-11-19)。H5N6型の鳥インフルエンザの患者は、2014年から中国などで52人発生しており(26人死亡)、今年は中国で26人の患者が報告されています。最近の1か月でも湖南省や広東省で3人の患者が確認されました(ECDC 2021-11-20)。ほとんどの患者は市場などで生きた家禽から感染していますが、今後は患者から周囲の人に感染が拡大しないかの監視も必要です。

(4)アジア:インドでのジカウイルスの流行

インド南部のケララ州で11月初旬までに90人のジカウイルス感染症の患者が確認されました(ECDC 2021-11-13)。同州では今年7月に最初の患者が確認されていますが、合併症となる小頭症やギランバレー症候群の発生はみられていません。なお、北部のウタールプラディシュ州でも100人以上の患者が発生している模様です。

(5)アジア:東南アジアでのデング熱の流行

今年は東南アジア各国のデング熱患者数が例年よりも少なくなっています(WHO西太平洋 2021-11-18)。11月初旬までにマレーシアで2万人、フィリピンで6万人、ベトナムで6万人の患者が確認されており、いずれも昨年より少ない数です。シンガポールでは昨年、過去10年で最多となる3万人以上の患者が発生しましたが、今年は約4000人と大きく減少しています。

(6)アフリカ:コンゴでのエボラ出血熱の流行

コンゴ民主共和国の北東部で10月から発生しているエボラ出血熱の患者数は、1か月前から3人増えて8人(3人は疑い)になりました(ECDC 2021-11-20)。このうち6人が死亡しています。この地域では今年5月に流行の終息宣言が出されたばかりでした。