海外感染症流行情報

海外医療通信(2022年9月号) 東京医科大学病院 渡航者医療センター

海外感染症流行情報 2022年9月

(1)全世界:新型コロナウイルスの流行状況

新型コロナウイルスの全世界の新規感染者数は9月になり減少傾向にあります(WHO Corona virus disease22-9-21)。ほとんどの地域でオミクロン株BA.5に置き換わっており、BA.2.75など新たな派生型の増加は今のところみられていません。なお、ヨーロッパの一部の国では9月末から感染者数がやや増加しており、秋から冬の流行再燃が始まりつつあるようです(ヨーロッパCDC 22-9-22)。
日本では第7波の流行がピークを越え、感染者数が減少しています。(厚労省アドバイザリーボード 22-9-21)。9月中旬からはオミクロン株(BA.1)ワクチンの追加接種が開始されました。9月7日からは水際対策も緩和され、有効なワクチン接種証明書があれば、検査陰性証明書は不要となりました。詳細は厚生労働省検疫所のホームページを参照ください。水際対策|厚生労働省|日本政府 (mhlw.go.jp)

(2)全世界:サル痘流行状況

サル痘の患者は9月22日までに105か国から64,561人が報告されました。(WHO Monkeypox Outbreak 22-9-23)。この1か月間の患者発生数は約2万人で、世界的に減少傾向にあります。国別ではブラジル、コロンビア、メキシコ、ペルーなど中南米での発生が多くみられます。なお、日本では9月21日に5例目のサル痘の患者が報告されました(厚生労働省 22-9-21)。

(3)全世界:季節性インフルエンザの流行状況

南半球では冬も終わりに近づき、季節性インフルエンザの流行が収束してきました(WHO Influenza22-9-19)。ただし、南アフリカではB型の流行が続いています。北半球では本格的な流行がまだ始まっていませんが、ヨーロッパではスペイン、ポルトガル、スコットランドなどでA(H3N2)型の患者が増加傾向にあります。また中国北部でA(H3N2)型の患者がやや増加しています。

(4)アジア:アジア各地でデング熱患者が増加

今年はアジア各地でデング熱患者の増加が報告されています。8月末までに、ベトナムで19万人、フィリピンで12万人、マレーシアで3万6000人、シンガポールで2万4000人と、昨年に比べて2倍~4倍の患者数になりました(WHO西太平洋22-9-14)。台湾でも高雄などで今年は18人の患者が確認されています(Outbreak news today 22-9-18)。各国ともに患者発生は今後も続くことが予想されており、現地滞在中は蚊に刺されない対策をとってください。

(5)アフリカ:ウガンダでエボラ熱の流行発生

ウガンダの中央部に位置するムベンデで、9月にエボラ熱の患者が発生しました(WHO 22-9-20)。ウガンダ保健省によれば死亡者数は12人に達している模様です(ProMED 22-9-22)。同国でのエボラ熱患者の発生は2012年以来になります。今回、ウガンダで流行しているエボラウイルスはスーダン株と呼ばれる種類で、隣国のコンゴ民主共和国で流行しているザイール株とは異なる種類です。ムベンデは交通の要衝であることから、周辺地域への拡大が懸念されています。

(6)北米:米国のニューヨーク州でポリオ患者発生

本誌22年8月号でも報告したように、今年7月、米国・ニューヨーク州のRocklandでポリオ患者が1名発生しました(WHO 22-9-14)。この患者はワクチン由来の2型ポリオウイルスに感染しており、最近の海外渡航歴がないことから、国内感染例とみられています。この患者が発生した地域の下水からは、同一のポリオウイルスが検出されており、複数の感染者が存在しているものとみられています。なお、今回と同一のウイルスは英国のロンドン、イスラエルのエルサレムの下水からも検出されています。現時点で、日本から米国に滞在する場合、ポリオワクチンの追加接種は推奨されていませんが、今後の経過を見ていく必要があります。

(7)南米:ブラジルで蚊媒介感染症が増加

ブラジルでは今年になり蚊媒介感染症が増加しています。デング熱患者は130万人発生しており、サンパウロなどで多くなっています(Outbreak news today 22-9-5)。死亡者数は800人を越え、昨年の3倍以上の数です。同国ではチクングニア熱の患者数も今年は16万人を越えており、昨年の倍近くになっています。